≪韓方よもぎ蒸しの歴史≫

 

韓国で、600年前より伝わる歴史のある民間療法です。

600年前と言えば、日本では室町時代。

それだけ長く受け継がれてきたということは、

効能があったということなのだと思います 。

その始まりは産後によもぎ蒸しをすると

『産後の肥立ちが良い』ということで

各家庭で行われていたもの。

その後、現代社会の状況から婦人科疾患によもぎ蒸しと

言われだしました。韓国の家庭では、出産後によもぎ蒸しをすると、

妊娠や分娩によって消耗して痩せた体の回復が早くなると言われていました。 よもぎ蒸しのおかげで、自然と肉がついて、お母さんとしての体が順調に

出来上がっていくとされていたのです。

いわゆる、『産後の肥立ちが良い』というものです。

そのように、各家庭で行われていたものが、

「よもぎ蒸し」と呼ばれだし、

「産婦人科系の疾患に」という評判もあって、

一般的な女性にも広まっていきました。

 

≪韓方よもぎ蒸しの効果≫

 

婦人科系
不妊症・産後の引き締め・妊婦の体重維持・更年期障害。
子宮筋腫瘍・内膜症・生理痛・生理不順
 
不妊症
女性の子宮、卵巣の老廃物を排出するので、

子宮内膜症なども症状が緩和されます。
また女性は子宮・卵巣の血行不良から代謝が悪く冷えている事が多いので、

老廃物を取ることで、冷えが無くなり生理痛や生理不順が改善されます。

産後の引き締め
昔より産後の肥立ちを良くするため使用されていたのがよもぎです。
子宮および膣を収縮させ、卵巣の機能を元に戻す手助けをしてくれます。

妊娠の体重維持 
クロロフィルには血中コレステロール値を下げてくれる効果もあり、

不足しがちな栄養素(ビタミン・ミネラル・鉄分など)もたっぷり含みます。

冷え・むくみも解消してくれます。

更年期障害 
よもぎに含まれる香り成分であるシオネールが脳神経を鎮静化し

睡眠を促す効果。
いらいらした状態からゆったりとした状態に気持ちを落ち着けます。

子宮内膜症  
子宮や卵巣の老廃物を排出することで、内膜症の症状が緩和されます。

生理痛・生理不順  
よもぎに含まれるシオネールは、血液の流れを良くし

血行を促進してくれます。

子宮を温めてくれるので痛みの緩和が期待できます。
ダイエット効果 ・ コレステロール値を下げる ・ 貧血を改善
腸をデトックス ・ 胃腸を強化 ・ 口臭・体臭予防 ・ ニキビ改善 

・ アトピー改善・殺菌作用 ・ リラックス効果 ・ 安眠作用 ・ 

婦人科系改善 ・ 美肌効果 ・ 冷え症改善などなど